【まとめ】失語症の関連記事3選とおススメ書籍をご紹介

N君
N君

失語症の記事を読み漁りたいなぁ…

関連する記事をまとめてほしいです!

こんにちは、カピまるです。

今回は、『失語症』に関するこれまでの記事をまとめていきます。

また記事を作成するにあたって参考にした、おススメ書籍をご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、今後の学習に役立ててください。

スポンサーリンク

失語症の基礎知識

カピまる
カピまる

失語症は、『言語障害』の1つだったね!

N君
N君

構音障害とは何がどう違うんだろう…?

ここでは主に、

  • 失語症と構音障害とのちがい
  • 失語症の種類
  • 各種失語症の概要

の3項目について、くわしく解説しました。

また本記事では、以下の6つの失語症の概要についてご紹介しています。

  • ウェルニッケ失語
  • 超皮質性感覚性失語
  • 伝導失語
  • ブローカ失語
  • 超皮質性運動性失語
  • 全失語

リハビリテーション専門職にとって、コミュニケーションは非常に重要です。

そのため言語機能障害について理解することは、必要不可欠と言えます。

本記事を最後まで読めば、失語症の基礎について十分理解していただけます。

失語症に対する作業療法

カピまる
カピまる

失語症の概要について、理解できたよ!

N君
N君

具体的に作業療法について知りたいな!

ここでは主に、

  • 失語症にともなう生活障害
  • 3つの作業療法評価
  • 代表的な評価方法のご紹介

の3項目について、詳しく解説しました。

失語症に対する作業療法評価では、

  • 画像診断
  • 標準失語症検査(SLTA)
  • WAB失語症検査

の3つが使用されています。

本記事では特に、『標準失語症検査(SLTA)』について詳しくまとめています。

すぐに実践いただける内容となっておりますので、ぜひ参考にしてください。

失語症の方とのコミュニケーション

カピまる
カピまる

失語症の概要と評価についてはバッチリだね!

N君
N君

でも実際に関わるってなると不安だよ…

注意すべきポイントについて教えてほしいです

ここでは主に、『失語症の方とのコミュニケーション』をテーマに

  • 基本的な接し方
  • 症状に合わせた接し方
  • 注意点

の3項目について、詳しく解説しました。

失語症では、

  • 話す
  • 聞く
  • 読む
  • 書く

という4つの言語的側面すべてに障害がみられるといった特徴があります。

そのためコミュニケーションを取る際には、

  • ゆっくり、短く、分かりやすい言葉で話す
  • 「はい」、「いいえ」で答えられるように話す
  • 絵や写真、ジェスチャーを交えながら話す

といった配慮を行うことがとても重要です。

本文中では、各項目について具体的なコミュニケーションをご紹介しています。

ぜひ最後までご覧いただき、今後の生活に役立てて下さい。

おススメ書籍のご紹介

続いて、記事を作成するあたって参考にした、おススメ書籍をご紹介します。

非常に分かりやすく学習に最適なものばかりなので、ぜひ参考にして下さい。

1.『失語症のすべてがわかる本』

タイトルのとおり、失語症のすべてがまとめられています。

本書は主に、以下の項目から構成されています。

  • 失語症の基礎知識
  • 失語症の種類
  • 検査と診断について
  • 治療、訓練方法
  • 家族に対する支援のコツ
  • 社会資源の利用について
カピまる
カピまる

すごいラインナップだね!

本当にこれ一冊で十分網羅できそう…!

失語症に対する正しい知識と治療・対処法について、詳細に書かれています。

患者とそのご家族だけでなく、専門職や介護職も実践で使える一冊となっています。


2.『マンガ家が描いた失語症体験記 高次脳機能障害の世界』

こちらの書籍は、脳梗塞を発症し失語症になった漫画家によって書かれています。

  • 発症から入院・退院まで
  • リハビリテーションのご紹介
  • こころと身体の変化

といった、さまざまな障害やリハビリテーションの内容に加えて、

  • できなくなったこと
  • 苦手になったこと
  • 楽しめなくなったこと
  • 楽しんでいること

といった、高次脳機能障害者の心情についても、実体験に基づいて展開されています。

マンガ形式で書かれているため、読みやすく内容も理解しやすくなっています。

N君
N君

失語症について勉強できる、

読みやすい本はないかなぁ…

そんな一冊を探している方にとって、非常におススメできます。


さいごに

本記事では、『失語症』の関連記事とおススメ書籍をご紹介しました。

失語症ついて学習するうえで、非常に役立つものばかりです。

ぜひ参考にしていただき、今後の学習に役立ててください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました