【頸椎・腰椎】椎間板ヘルニアの症状、原因について

こんにちは、カピまるです。

今回は、前回の記事の続きとして、症状や原因についてもう少しまとめていきます。

↓↓前回までの記事は、以下からご覧下さい↓↓

↓↓脊柱管狭窄症に関する記事は、以下をご覧ください↓↓

カピまる
カピまる

椎間板ヘルニアは、腰椎と頸椎で多いんだったよね!

本記事では、頸椎・腰椎椎間板ヘルニアの症状の概要と原因について、分かりやすくまとめていきます。

是非最後までご覧いただき、今後の学習に役立てて下さい。

スポンサーリンク

※前回までの復習

まず初めに、

  • 椎間板の概要
  • 椎間板ヘルニアの概要

の2点について復習しておきます。

復習①:椎間板の概要

椎間板とは、以下の赤〇部分のことです。

椎間板は、図のように脊柱を構成している1つ1つの骨の間に存在している線維軟骨です。

ゼラチン状の髄核とコラーゲンを含む線維輪で構成されており、椎骨にかかる衝撃を吸収する役割を担っています。

復習②:椎間板ヘルニアの概要

椎間板ヘルニアは、何らかの原因で椎間板の髄核が突出し、神経根や脊髄を圧迫することで生じます。

これによって炎症反応が引き起こされ、複合的に神経症状を引き起こします。

また椎間板は、他の臓器に比べて早期から変性しやすいという特徴があります。

一般的には、20歳代後半から変性が起きるとされています。

カピまる
カピまる

20歳後半なんて、決して他人事じゃないね!

頸椎椎間板ヘルニアの概要

頸椎椎間板ヘルニアの概要について、以下にまとめます。

項目各種内容
好発年齢・好発部位・30~50歳代男性
・下位頸椎(C4/C5、C5/C6)
概要・線維輪や軟骨終板の脱出
・腰椎より発生頻度は少ない
・神経根障害が多い
原因・加齢による退行性変性
・遺伝的素因
・喫煙
主な症状・後頚部痛
・頸部の可動域制限
・一側上肢の強い放散痛、しびれ
・脱力感
・手指の巧緻運動障害
・四肢の感覚障害
・歩行障害
・(重度の場合)膀胱直腸障害
評価方法・Jackson(ジャクソン)テスト
・Spurling(スパーリング)テスト
治療方法〇保存療法
・薬物療法
・神経ブロック
・頸椎カラー
・物理療法
〇手術療法
・前方除圧固定術
・内視鏡下椎間板切除術(MED)

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の椎間板の髄核が突出し、神経根や脊髄を圧迫する疾患です。

主なポイントは、以下のとおりです。

ポイント
  • 30歳~50歳代の男性で多くみられる
  • 主な原因は、遺伝的素因、加齢、喫煙
  • 主な症状は、一側上肢の放散痛
  • 頸部の後屈時に症状が強まり、可動域制限を伴う

椎間板ヘルニアは加齢による退行性変性による影響を受けますが、変性が高度に進行すると、かえって突出しにくいとされています。

そのため高齢者での発症は比較的まれで、30歳~50歳代で好発します。

腰椎椎間板ヘルニアの概要

次に、腰椎椎間板ヘルニアの概要について、以下にまとめます。

項目各種内容
好発年齢・好発部位・20~40歳代男性
・下位腰椎(L4/L5、L5/S1)
概要・比較的若年者で発症する
・椎間板ヘルニアでは最多
・神経根障害が多く、馬尾障害は稀
原因・重量物の持ち上げ
・スポーツ
・肉体労働
・外傷
⇒力学的負荷の増加が主な原因
主な症状・腰痛
・腰部の可動域制限
・一側下肢の放散痛(座骨神経痛)、感覚障害
・脱力感
・会陰部のしびれ
・灼熱感
・膀胱直腸障害
・神経性間欠性跛行
評価方法・下肢伸展挙上テスト(SLRT)
・大腿神経伸展テスト(FNST)
治療方法〇保存療法
・薬物療法
・神経ブロック
・腰椎コルセット
・物理療法
〇手術療法
・ヘルニア摘除術(Love法、micro Love法、MED)

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間板の髄核が突出し、馬尾や神経根を圧迫する疾患です。

主なポイントは、以下のとおりです。

ポイント
  • 20歳~40歳代の男性で多くみられる
  • 主な原因は、力学的負荷の増加(肉体労働、スポーツなど)
  • 主な症状は、一側下肢の放散痛や腰痛など
  • 咳やくしゃみ、排便時のいきみよって症状が強まる(デジェリーヌ徴候)
  • 前屈時に症状が強まるため、腰部脊柱管狭窄症との鑑別に有用

頸椎椎間板ヘルニアと同様に、治療方法としては保存療法が第一選択となります。

しかし急激な運動麻痺や膀胱直腸障害など、重度の馬尾症状を呈する場合は、早急な手術療法を検討する必要があります。

椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアは、髄核の脱出の程度によって4つに分類されます(Macnabの分類)。

分類概要
髄核膨隆・髄核の全体または一部の膨隆
・線維輪の断裂なし
・後縦靭帯の穿破なし
髄核突出・髄核の突出
・線維輪の部分断裂
・後縦靭帯の穿破なし
髄核脱出(後縦靭帯下型)・髄核の突出
・線維輪の完全断裂
・後縦靭帯の穿破なし
髄核脱出(後縦靭帯外型)・髄核の突出
・線維輪の完全断裂
・後縦靭帯の穿破あり
髄核分離・髄核の遊離、脊柱管への移動
・線維輪の完全断裂
・後縦靭帯の穿破あり

※腰椎椎間板ヘルニアとMacnabの分類については、こちらのページでも紹介されています。

さいごに

本記事では、頸椎・腰椎椎間板ヘルニアの

  • 症状の概要
  • 原因
  • 分類方法

についてまとめました。いかがでしたでしょうか。

前回までの記事と併せて、今後の学習に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました