【実習対策】レポート作成が格段に上手くなるPREP法とは?

こんにちは、カピまるです。

今回は、実習レポートの書き方として、『PREP法』をご紹介します。

カピまる
カピまる

相手に伝わる文章ってどう書くの?

N君
N君

せっかく書いても、

「どういうこと?」

「整理し直して」

って困ったなぁ…

本記事では、こうしたお悩みやご意見にお答えしていきます。

指導者の先生などから、

  • 「説明が分かりづらい」
  • 「文章が読みにくい」
  • 「結局何を伝えたいか分からない」
  • 「ちゃんと整理して報告してほしい」

といった意見を言われた場合、文章の構成自体がまちがっていることが多いです。

本記事でご紹介する『PREP法』は、文章を作る際に基本となるフレームワークです。

  • 文章を書くのが苦手で悩んでいる
  • 相手に伝わりやすい文章の構造を知りたい
  • 『PREP法』の概要を知りたい

上記に該当する方は、ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

↓↓その他の記事も、あわせてご覧ください↓↓

スポンサーリンク

『PREP法』の概要

『PREP法』とは、主にビジネスシーンで用いられる文章構成法です。

簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に、広く用いられている方法です。

『PREP法』における文章構成は、主に以下の4ステップです。

  • P…Point(結論)
  • R…Reason(理由)
  • E…Example(事例、具体例)
  • P…Point(結論:繰り返し)

カピまる
カピまる

いきなり結論!?

具体例や理由が先じゃないの?

『PREP法』では、

  • 最初に結論から伝える
  • 次にその理由について説明する
  • 事例や具体例を用いて、理由を補強する
  • 最後に結論をくり返し伝える

という4ステップで話を展開していきます。

結論から話を展開する理由とは?

N君
N君

でも、どうして結論からなの?

根拠の方が大事な気がするけど…

まずはじめに結論をから話を展開することで、相手に強く印象付けることができます。

指導者の先生などから、

  • 「説明が分かりづらい」
  • 「読みにくくて、何が大事か分からない」
  • 「整理してから報告してほしい」

と言われてしまうのは、おそらく「話の結論が分かりにくい」ということが考えられます。

その理由として、

  • 相手を理解する際、「第一印象」が大きく影響している
  • 聞き手側の集中力が最も強いのは、冒頭の30秒程度である

といったことがあるためです。

つまり、最も強調したい事柄(=結論)を最初に伝え、相手に強く印象付けることで、説得力のある文書を作ることができます。

『PREP法』を用いる3つのメリット

『PREP法』を用いるメリットは、以下のとおりです。

  • 説得力のある文章が書ける
  • 話し手・利き手のストレスが減る
  • 思考を整理でき、文章が早く書ける

それぞれ順番に解説していきます。

説得力のある文章が書ける

1つ目は、「説得力のある文章を作ることができる」です。

くり返しになりますが、『PREP法』では、

  • P…Point(結論)
  • R…Reason(理由)
  • E…Example(事例、具体例)
  • P…Point(結論:繰り返し)

の4ステップで話を展開していきます。

最初に結論を伝えることで、読み手・聞き手に話を強く印象づけることができます。

次に理由や具体例を伝えることで、話の展開の理解を促します。

そして最後に再び結論を伝えることで、

カピまる
カピまる

なるほど…

確かにその通りだ!

といったように、話し手・利き手の方も納得しやすくなります。

『PREP法』を用いることで、説得力のある論理的な文章を作成することができます。

話し手・利き手のストレスが減る

2つ目は、「話し手・利き手のストレスが減る」です。

『PREP法』は、話の要点を短時間で効率的に伝えることができます。

これは、話し手・利き手のストレス軽減に大きくつながります。

もしも文章を構成する順番が、

  • R…Reason(理由)
  • E…Example(事例、具体例)
  • P…Point(結論:繰り返し)

となってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

聞き手としては、

  • 「説明が分かりづらい」
  • 「読みにくくて、何を伝えたいか分からない」

といったように話がさっぱり理解できず、ストレスを感じてしまうことでしょう。

また話し手としても、

  • 「こんなに説明しても、分かってもらえない」
  • 「集中して聞いてもらえていない」

話を理解してもらえず、聞き手に対しストレスを感じてしまいます。

『PREP法』を用いることで、聞き手・話し手のストレスは大きく軽減されます。

思考を整理でき、文章が早く書ける

3つ目は、「思考を整理できるため、文章が早く書けるようになる」です。

『PREP法』を用いることで、

  • P…Point(結論)
  • R…Reason(理由)
  • E…Example(事例、具体例)
  • P…Point(結論:繰り返し)

に基づいて、「要点は○○、理由は△△、具体的には□□ということだ…」のように論理的に思考を整理する習慣が身につきます。

そうすることで、

  • 何から書き始めていいか分からない
  • どんなことを書けばいいか分からない

といって悩む時間が大きく減るはずです。

思考が整理されることによって、文章をスラスラと書けるようになります。

上記のように悩まれている方は、ぜひ『PREP法』を実践してみてください。

さいごに

本記事では、『PREP法』についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

『PREP法』とは、

  • P…Point(結論)
  • R…Reason(理由)
  • E…Example(事例、具体例)
  • P…Point(結論:繰り返し)

の4つのステップにより、簡潔かつ説得力のある文章を作成する方法です。

  • 文章を書くのが苦手で悩んでいる
  • 相手に伝わりやすい文章を書きたい

上記に該当する方は、ぜひ『PREP法』を実践することをおススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました