自宅でできる!ストレートネック(スマホ首)の予防・治療方法

こんにちは、カピまるです。

今回は、『自宅でできる!ストレートネック(スマホ首)の予防・治療方法』をテーマに解説していきます。

↓↓前回の投稿は、こちらからご覧ください↓↓

カピまる
カピまる

前回の投稿で、原因と症状について理解できたよ!

N君
N君

次は、具体的な予防・治療方法について知りたいな!

ストレートネック(スマホ首)は、

  • 猫背になっている
  • 座る姿勢が悪い
  • 視力の低下
  • 加齢
  • 運動不足
  • 高さの合わないまくらを使っている
  • 重たいリュックを背負う機会が多い
  • 顎を引いた姿勢をとる競技をしている(格闘技、社交ダンス)

これらが原因で生じるとされていますが、一度なってしまっても、その後改善することが可能な症状でもあります。

本投稿では、『自宅でできる予防・治療方法』について、詳しくまとめていきます。

気になった方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自宅でできる!予防・治療方法

ストレートネックの予防方法として重要なのは、以下の2点です。

  • 姿勢を正しくする
  • 適度にストレッチを行う

姿勢を正しくする

ストレートネックを予防する上で最も大切なのは、姿勢を正すことです。

  • パソコン、スマートフォンを操作する時の姿勢
  • 座る時の姿勢
  • 寝る時の姿勢

といった、さまざまな日常生活場面における姿勢を正す必要があります。

  • 画面に近づき過ぎていないか
  • 目線が下がり過ぎていないか
  • 長時間同じ姿勢になっていないか
  • 猫背になっていないか
  • 座る時に、骨盤が後傾(お尻が前に出る)していないか
  • まくらの高さは合っているか

症状が気になる方は、まず上記に該当がないかセルフチェックを行いましょう。

猫背や反り腰、仙骨座りは、症状を助長してしまうためNGです。

画面に近づき過ぎない、目線を下げ過ぎない

最も注意が必要なのが、やはりパソコンやスマートフォンを使う時です。

画面に近づき過ぎたり、目線を下げ過ぎたりすると、頭が大きく前方に傾くため、頸椎がまっすぐ伸びてしまい、首にかかる負担が増加します。

スマートフォンを使用する際は、本体を顔の高さまで上げた状態で使用してみましょう。

パソコンを使用する際は、机と椅子の高さを調整することで、身体に負担がかからないように注意しましょう。

まくらの高さは合っているか

毎晩寝る時に高すぎるまくらを使用していると、首や肩の筋肉が緊張し、こりや張りを引き起こす恐れがあります。

「寝ても首周りの疲れがあまりとれない・・」という方は、一度見直してみることをおススメします。

さらに可能であるなら、まくらを使用せず、あお向けで寝てみるのもおススメです。

首や肩まわりの筋肉の緊張がほぐれ、こりや張りを防ぐ効果が期待できます。

また、

  • 首と頭が浮かないかどうか
  • 肩、肩甲骨が布団に付いているかどうか
  • 目線が真上にあるかどうか
  • 息苦しくないかどうか

といった点を意識して寝ることで、ストレートネックの予防・改善につながります。

普段の姿勢に要注意

普段の姿勢、特にデスクワークをしている際の姿勢では、

  • 骨盤を立てて座る
  • 足は地面に付ける
  • 猫背にならない

といったことを意識してみましょう。

長時間同じ姿勢にならないよう、適宜休憩をはさみながら、時々姿勢を変えてみましょう。

適度にストレッチを行う

首・腰回りの硬くなった筋肉を、ストレッチによってほぐしてあげる必要があります。

  • 首をゆっくりと前後・左右に傾ける
  • 目線は水平のまま、首を横向きに動かす
  • 両手で首~肩周りの筋肉をマッサージする

それぞれ5~10回程度、痛みのない範囲で行いましょう。首周りの筋肉をほぐす効果が期待できます。

ストレッチはリラクゼーション効果もあり、その後の作業効率や睡眠の質を高めてくれます。

一定時間作業をしたあとは、適度にストレッチを行うように心がけましょう。

危険!この症状があれば医療機関の受診を!

予防・治療方法として紹介してきましたが、以下のような症状が見られた場合は、早めに医療機関を受診するようにしてください。

  • 強い痛み
  • 手や足のしびれ
  • 歩行障害
  • 脱力感

こうした症状が見られる場合は、

  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頸椎症性神経根

といった疾患を発症していることも考えられるため、専門の整形外科を受診しましょう。

さいごに

今回は、『自宅でできる!ストレートネック(スマホ首)の予防・治療方法』をテーマに解説しました。

ストレートネック(スマホ首)は、一度なってしまっても、その後の対応次第で改善が見られる症状です。

ご紹介した予防・治療法は、どれも特別な技術やグッズは必要なく、日常生活のちょっとした合間に簡単にできるものです。

気になった方は、ぜひ参考に実践してみてください。

今回は以上になります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました