【超簡単】WordPressブログお問い合わせフォームの作成手順

こんにちは、カピまるです。

今回は、『WordPressブログのお問い合わせフォームの作成手順』を解説します。

カピまる
カピまる

お問い合わせフォームを作りたい!

けど、どうやって作ればいいんだろう…

N君
N君

手順について教えてください!

ブログ内にお問い合わせフォームを設置しておくことで、

  • 読者の方からの質問・意見など
  • 企業からの案件連絡
  • Googleアドセンスの審査に合格しやすくなる

といったように、さまざまな連絡手段やブログ運営を行ううえで役立ちます。

本記事では、

  • プラグインのインストール方法
  • お問い合わせフォームの作成
  • 固定ページへのショートコード貼り付け
  • フッターメニューへの追加

といった4つの項目について、わかりやすく解説していきます。

  • WordPressにお問い合わせフォームを設置したい
  • 必要なプラグインのインストール手順を知りたい

上記に該当する方は、ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

スポンサーリンク

WordPressブログお問い合わせフォームの作成手順

ブログのお問い合わせフォームは、主に2つの方法で作成できます。

  • 『Contact Form7』で作成
  • 『Google フォーム』で作成

本記事では、このうち『Contact Form7』で作成する手順について解説します。

◎『Contact Form7』の概要

『Contact Form7』とは、問い合わせフォームを設置するためのプラグインです。

こちらのプラグインの特徴は、以下のとおりです。

  • 開発者が日本人のため、日本語のガイドが豊富
  • 国内外で広く利用されている
  • 無料で利用できる
  • FAQや問い合わせ窓口があり、サポートが充実している
  • プログラミングの知識がなくても使いこなせる

カピまる
カピまる

開発者が日本人だと、

安心して利用できるね!

N君
N君

万が一の時にも日本語のサポートを

受けられるなんて助かるね!

↓↓当ブログでも、『Contact Form7』を用いてフォームを作成しています↓↓

◎プラグインのインストール

WordPressの管理画面で、「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

次に右上の検索欄で、『Contact Form7』と入力します。

するとプラグインが表示されるので、「インストール」→「有効化」を行います。

◎お問い合わせフォームの作成

プラグインをインストールした後、「お問い合わせ」→「新規追加」を選択します。

「フォーム」タブを開き、上部のスペースに「お問い合わせフォーム」と入力します。

次に「メール」タブを開き、「送信先」にメールアドレスを入力します。

(※あらかじめ入力されている「[_site_admin_email]は消して構いません)

最後に、ページ右上もしくは下部にある「保存」をクリックします。

固定ページへのショートコード貼り付け

「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」に、先ほど作成したものが表示されます。

「ショートコード」欄をコピー(Ctrl+C)しておきます。

そして「固定ページ」→「新規追加」を選択します。

タイトルは、「お問い合わせ」など入力します。

ショートコードに先ほどコピーしたものを貼り付けた後、「公開」を押します。

注意点
  • 貼り付けは『html』モードで行います。
  • テキストのまま貼り付けると反映されません。

◎フッターメニューへの追加

「外観」→「メニュー」を選択します。

「固定ページ」「すべて表示」「お問い合わせ」に✔します。

「メニューに追加」を押すと、右の「メニュー構造」にお問い合わせが表示されます。

その状態で、下の「メニュー設定」→「フッターメニュー」に✔をいれ、「メニュー保存」します。

これでサイトの一番下に、お問い合わせフォームが設置できました。

同様の手順によって、

  • ホームリンク
  • 免責事項
  • プロフィール

など、さまざまなフォームを設置することができます。

カピまる
カピまる

思ったより簡単だ…

1人でも設定できそう!

さいごに

本記事では、『WordPressブログのお問い合わせフォームの作成手順』を解説しました。

WordPressでブログを運用する上で、お問い合わせフォームの設置は必須事項です。

  • 読者の方からの質問・意見
  • 企業からの案件連絡
  • Googleアドセンス審査

上記のように、さまざまな連絡手段やサイト運営に大きく影響します。

本記事でご紹介した手順のとおりに、早速作成しておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました