失語症の方とのコミュニケーション【作業療法士が解説します】

こんにちは、カピまるです。

今回は、「失語症の方とのコミュニケーション」について解説します。

↓↓前回までの記事もあわせてご覧下さい↓↓

カピまる
カピまる

失語症の概要や評価については理解出来たよ!

N君
N君

実際に関わるってなると不安だなぁ…

注意すべきことについて教えて欲しいです。

本記事では、こうした不安や悩みにお答えしていきたいと思います。

主に、

  • 基本的な接し方
  • 症状に合わせた接し方
  • 注意点

の3項目について、くわしくまとめていきます。

ぜひ最後までご覧いただき、今後の学習に役立てて下さい。

スポンサーリンク

基本的な接し方

失語症の方との基本的な接し方のコツは、以下のとおりです。

基本的な接し方
  • ゆっくり、短く、分かりやすい言葉ではっきりと話す
  • 「はい」「いいえ」で答えられる質問をする
  • 話題を急に変えない
  • 分かりにくい内容については、繰り返し伝える
  • 正しく理解できているかどうか、確認しながら話す
  • 絵や写真、ジェスチャーを交えながら伝える
  • 実物を見せたり、その場に行って話をする

失語症の特徴として、

  • 話す
  • 聞く
  • 読む
  • 書く

4つの言語的側面すべてに障害がみられるといったことがあります。

そして「言葉の意味」「文法」「音韻」「語彙」それぞれの側面が障害されます。

こうした苦手とするコミュニケーションの側面を知り、相手が理解しやすくなるよう工夫をすることが重要です。

大原則『ゆっくり、短い言葉で、はっきりと』

相手が理解しやすくなるようなコミュニケーションは、

  • ゆっくりと
  • 短い言葉で
  • はっきりと

話すことこそ最も重要であり、最も効果的であると言えます。

カピまる
カピまる

話が長すぎたり、早口な人の話って頭に残らないよね…

失語症の方は、健常者以上にコミュニケーション理解が難しくなります。

普段と同じような話し方ではなく、相手に理解してもらえるよう工夫するよう心がけましょう。

また失語症の方は、話題がコロコロ変わるような会話を苦手とします。

別の話題に触れる際には、必ず事前にその旨を伝えるようにしましょう。

絵や写真、ジェスチャーは効果◎

失語症の方は、「聞く」よりも「文字を理解する」方が特異な方が多いです。

そのため絵や写真、ジェスチャーを用いたコミュニケーションは非常に有効です。

特定の話題について話す際には、キーワードを示しながら話すのもおススメです。

「はい」「いいえ」で答えられる質問をする

失語症の方は、自分の思ったように言葉が出ないことがあります。

そのような時には、「はい」「いいえ」で答えられる質問をしましょう

相手が言いたいであろう言葉を推測し、質問することが大切です。

症状に合わせた接し方

ここでいう症状というのは、以下のとおりです。

症状
  • 言いたい言葉が見つからない
  • 言いたい言葉と違う言葉が出てしまう
  • 言葉を聞いて理解することが難しい

それぞれ順番に解説していきます。

言いたい言葉が見つからない場合

ポイント
  • 先回りして言ってしまわない
  • 相手の言葉をさえぎって話を進めない
  • 「はい」「いいえ」で答えられるように質問を工夫する
  • 表情やジェスチャーなどから、相手が伝えたい意図を判断する

カピまる
カピまる

自分がされたとしても嫌なことばかりだ…。

失語症の方は、コミュニケーションを取るのに時間が多くかかってしまいます。

傾聴の姿勢を基本として、相手の言葉に寄り添うように心がけましょう。

なかなか言えそうにないときは、こちらから質問方法を変えることで、相手が答えやすいように工夫することが大切です。

言いたい言葉と違う言葉が出てしまう場合

ポイント
  • 一方的に相手の話を否定しない
  • 伝えようとしている言葉を推測し、そのまま話を続けさせる
  • 文字や絵で描き示しながら、内容を適宜確認する

カピまる
カピまる

途中で話をさえぎられるのは、確かに少し嫌かも…

感覚性失語(ウェルニッケ失語)のように、発話は流暢だけど錯誤が生じてしまうような方が該当します。

先ほどと重複しますが、大切なのは「傾聴の姿勢」です。

相手の伝えたいことを推測し、文字や絵を通して内容を確認しながら会話をしましょう。

言葉を聞いて理解することが難しい場合

ポイント
  • 短い言葉で、ゆっくりと話しかける
  • 言葉の切れ目で少し間をおくように心がける
  • 絵やジェスチャーを適宜使用する
  • 重要事項の場合、内容が伝わったかどうか確認する

カピまる
カピまる

普段どおりの話し方では、伝わらない場合もあるんだ。

普段の話し方以上にゆっくりと、短く理解しやすい言葉を用いることが大切です。

※理解が悪いからと言って、大きな声を出す必要はありません。

人によっては、ジェスチャーによって十分に意思表示が出来ないこともあります。

重要事項については、内容が伝わったかどうか適宜確認するようにしましょう。

注意点

コミュニケーションを取る際の注意点は、以下のとおりです。

注意点
  • 子ども扱いをしない
  • 一方的に否定しない
  • 分かったふりをしない

特に注意しなければならないのは、「子ども扱いしない」ということです。

※NG①:相手を絶対に子ども扱いしない

先ほどからコミュニケーションを取る際に

  • ゆっくりと、短い言葉で話す
  • 絵やジェスチャーを利用する
  • 「はい」「いいえ」で答えられるよう質問に工夫をする

といったことが重要だとお伝えしています。

有効な手段ではありますが、必要以上にしてしまうと相手に不快感を与えてしまいます。

相手のことを尊重し、適切な支援を提供できるよう心がけましょう。

※NG②:一方的に相手を否定しない

  • 「それは○○じゃない。△△だよ~……」
  • 「○○ってどういうこと?△△じゃないの~……」

一方的に話を否定されると、相手もコミュニケーションを取りたくなくなります。

「傾聴の姿勢」を基本とし、相手の言葉に耳を傾けましょう。

そして時々「はい」「いいえ」で答えられる簡単な質問を通して、話の内容を整理することが重要です。

※NG③:分かったふりをしない

分かったふりをしていると、相手も伝わっていると思い、どんどん話を進めようとします。

それなのに伝わっていないとなると、混乱をまねきコミュニケーションに支障が出ます。

繰り返しになりますが、時々「はい」「いいえ」で答えられる簡単な質問を通して、話の内容を整理することが重要です。

お互いに情報を共有しているという意識を持つことが大切です。

カピまる
カピまる

3つのNGについては、特に注意するよう心がけよう!

さいごに

本記事では、「失語症の方とのコミュニケーション」をテーマに、

  • 基本的な接し方
  • 症状に合わせた接し方
  • 注意点

の3項目について解説しました。いかがでしたでしょうか。

リハビリテーション専門職として支援を行う上で、コミュニケーションは非常に重要です。

本記事でご紹介したポイントを理解し、今後の生活に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました