【入門編】作業療法臨床実習レポートの書き方について

こんにちは、カピまるです。

今回は、『レポートがスラスラ書けるポイント』について解説していきます。

カピまる
カピまる

レポートって何をどう書けばいいの?

いざ書こうと思っても全然進まないや…

N君
N君

『これは絶対!』っていう項目とか

あったら教えてほしいなぁ…

本記事では、こうしたお悩みやご意見にお答えしていきます。

ご紹介するポイントは、

  • 臨床実習Ⅰ(基礎学実習)
  • 臨床実習Ⅱ(評価学実習)
  • 臨床実習Ⅲ(総合実習)

といった、どの実習でも応用できる内容となっています。

  • これから実習が控えている作業療法学生の方
  • 実習レポートの構成について知りたい方
  • レポートをスラスラ書けるようになりたい方

上記に該当する方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてください。

↓↓実習に関するその他の記事も、あわせてご覧ください↓↓

スポンサーリンク

レポートを作成する上でのルール

レポートを書き始める前に、以下のルールについて確認しておきましょう。

レポートの書式について

レポートの書式についてのルールは、以下のとおりです。

  • 用紙…一般的にはA4サイズ(場合によってはA3の時もある)
  • 枚数…特に決まりはないが、多すぎるのはNG
  • 印刷…片面・両面どちらでも可

レポートは、一般的にA4サイズで作成します。

症例報告を行う際には、A3サイズ1枚以内で作成する必要がある場合もあります。

枚数が多すぎると、「上手くまとまっていない」と判断されかねないので注意しましょう。

レポートの書き方について

レポートの書き方についてのルールは、以下のとおりです。

  • 字体…MSゴシックやMS明朝などが◎
  • 文体…「である調」か「ですます調」のどちらかに統一する
  • 文章…主語と述語は明確にする。一文が長くなり過ぎないよう注意する
  • 漢字、送り仮名…常用漢字、現代仮名遣いを使用する
  • 句読点…文全体を見て、バランスよく配置する
  • 見出し…大項目「Ⅰ、Ⅱ」中項目「(1)、(2)」小項目「a、b」など

特に気を付ける必要があるのは、「文体」「文章の長さ」です。

当然ですが、レポートは相手に読んでもらうために作成するものです。

読みやすい、理解しやすい文章を書くことを意識して取り組みましょう。

文が長くなりそうなときは、見出し表記で小項目に分けることがおススメです。

以下のように、

  • 大項目…ローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)
  • 中項目…アラビア数字(1、2、3)
  • 小項目…アラビア数字+カッコ書き((1)、(2)、(3))
  • それ以外…アルファベット(a、b、c)や数字(①、②、③)

といった使い分けをすると、整理されて読みやすくなります。

レポートに記載すべき項目とは?

では次に、レポートに記載すべき項目について解説していきます。

カピまる
カピまる

基本的なルールは理解できたよ!

次は「具体的に何を書くか」だね。

N君
N君

記載する項目って決まってるのかな?

自由に書いたら読みにくそうだけど…

レポートを作成する際には、以下の項目に分けて書くのがおススメです。

  • はじめに(タイトル+要約文)
  • 症例プロフィール
  • 医学的情報
  • 社会的情報
  • 他部門からの情報
  • 作業療法評価
  • ICFによる整理
  • 統合と解釈
  • 目標設定、治療計画立案
  • 治療経過(中期評価、最終評価)
  • 考察、まとめ
  • 参考文献

このうち各実習ごとの該当項目は、以下のとおりです。

  • 臨床実習Ⅰ(基礎学実習)…「作業療法評価」まで7項目(見学が主)
  • 臨床実習Ⅱ(評価実習) …「統合と解釈」までの8項目
  • 臨床実習Ⅲ(総合実習) …12すべての項目

それぞれの項目について、もう少し詳しく解説していきます。

はじめに(タイトル+要約文)

ここでは、『どのようなケースを報告しようとしているか』をまとめます

レポート全体で言いたいこととして、タイトルと要約文を記載する必要があります。

具体的には、

  • どのような障がいを持っているのか
  • 病前はどのような生活をされてきたか
  • 何に対して介入を行ったのか

といったことを踏まえながら、介入の目的や動機を簡潔に示します。

症例プロフィール

症例プロフィールでは、主に

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 利き手
  • 婚姻の有無

といった内容について記載します。

ここで重要なのは、人物が特定されないよう配慮することです。

氏名は伏せ字もしくはイニシャル表記にしましょう。

年齢については、『○○代』までで構いません(詳細に○○歳としなくてよい)

医学的情報

医学的情報では、主に

  • 診断名
  • 障がい名
  • 合併症
  • 現病歴
  • 既往歴

といった内容について記載します。

症例プロフィールと同様に、人物が特定されないよう配慮する必要があります

ある時点(生まれた年など)をX年とし、『X+○○年』と表記しましょう。

障がい名などは略語を使わず、正式な医学用語で記載しましょう。

社会的情報

社会的情報では、主に

  • 家族歴
  • 家族構成
  • キーパーソン
  • 生活歴
  • 家屋環境
  • 経済状況
  • 保険の有無
  • その他個人因子(趣味、興味、特技など)

といった内容について記載します。

こうした情報は、退院・転院を検討する際に必要な情報となります。

他職種の方も参考にする項目ですので、できるかぎり正確に記載しましょう。

他部門からの情報

情報収集を行う必要があるのは、主に

  • 医師:予後予測、危険肢位(リスク管理)など
  • 看護師:1日の生活状況
  • 理学療法士:歩行機能
  • 言語聴覚士:摂食・嚥下機能
  • ソーシャルワーカー:今後の転院先など

などが挙げられます。

必要な情報を、簡潔にまとめるように心がけましょう。

作業療法評価

カルテや他職種から情報収集を行い、必要な評価をピックアップして行います。

作業療法評価の例としては、

  • 面接、観察、問診
  • ROM
  • MMT
  • ブルンストローム
  • 感覚検査
  • 筋緊張検査
  • 反射検査
  • バイタルサインの測定方法
  • 協調性検査
  • 高次脳機能検査
  • 上肢機能検査
  • ADL評価

などが挙げられます。

中には患者さんの負担が大きい評価も含まれるため、必要なもののみ実施しましょう。

ICFによる情報整理

ICF(国際生活機能分類)は、『生活機能と障害に関する分類法』です。

以下の図のように、

  • 健康状態
  • 心身機能・身体構造(機能障害)
  • 活動(活動制限)
  • 参加(参加制限)
  • 環境因子(阻害因子)
  • 個人因子

の5つから構成されています。

これまでの評価結果について、図で整理していきます。

このように視覚化することで、問題点や介入のポイントを明確にすることができます。

統合と解釈

「統合と解釈」とは、

  • 面接で聞き取った患者さんの訴え
  • 観察で明らかになったADL動作の問題点
  • 作業療法評価の結果

これらを結び付けて、その後の目標設定やプログラム立案を行う過程です。

最も重要であり、実習中に1番時間と労力をかけて取り組むことでもあります。

目標設定、治療計画立案

目標は、

  • 長期目標…希望に限りなく近いもの
  • 中期目標…退院日に達成できているであろうもの
  • 短期目標…確実に達成できるもの

といったように、細分化して設定することがとても大切です。

短期目標が達成できてないのに中期・長期目標が達成できることはありません。

しっかりとした目標が立てば、おのずと治療プログラムも具体的なものとなるはずです。

治療経過(中期評価、最終評価)

治療プログラムを行った場合、結果の振り返りを行いましょう。

具体的には、

  • 患者さんの変化(心理面、身体面)
  • セラピストの関わり方の変化
  • 患者さんとセラピストの関係性の変化

といったように、自分が介入を行ったことで生じた客観的な変化の事実を記載します。

考察、まとめ

ここでは、治療プログラムやその結果に対し、検討した自分の意見について記載します。

介入の根拠を示すために、参考文献をいくつか示すことも大切です。

まとめの際は、結語は未来に向けての課題などを書いても構いません。

さいごに

本記事では、『レポートがスラスラ書けるポイント』について解説しました。

基本的には、今回ご紹介した順番に書きすすめていけば良いと思います。

これから実習に向かう方にとって、少しでも参考になる記事であれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました