国内最高峰のWordPressテーマ【SWELL】→詳細はコチラ

【徹底解説】ADL機能に対する評価「老研式活動能力指標」について

N君

ADL機能に対する評価について勉強したいな!

カピまる

今回は「老研式活動能力指標」
について解説していくよ!

リハビリテーション分野では、障害をかかえながら環境に適応することが大きな目標の1つとなります。

そのためには、生活課題と呼ばれる、

  • 身辺活動
  • 移動
  • コミュニケーション
  • 家事
  • 地域生活

といった日常生活活動(ADL)を評価することは、重要な意味を持ちます。

そこで今回は、こうしたADL機能に対する評価スケール「老研式活動能力指標」について解説していきます。

ADL機能に対する評価というと、

  • FIM
  • Barthel Index

が主要な評価ですが、その他の評価スケールについて勉強して損はありません。

本記事を一通り読めば、検査の概要について誰でも理解できるはずです!

  • ADL機能に対する評価方法を知りたい!
  • 「老研式活動能力指標」の概要について勉強したい!
  • 臨床場面での実施を検討している!

上記のような方は、ぜひ参考にしていただき、今後の学習に役立ててください!

この記事を書いた人

<プロフィール>

  • ✔ カピまるブログ運営者
  • ✔ 2年目作業療法士
  • ✔ 仕事と暮らしの情報発信中
  • ✔ 愛用テーマ: SWELL
カピまるです!
目次

老研式活動能力指標の基礎知識

「老健式活動能力指標」は、東京都老人総合研究所で開発されました。

この検査では主に、地域に暮らす高齢者の生活機能を測定する際に使用されています。

主な検査項目

老研式活動能力指標は、以下の13項目から構成されます。

No.質問内容得点:1得点:0得点記入欄
1バスや電車を使って1人で外出できますかはいいいえ
2日用品の買い物ができますかはいいいえ
3自分で食事の用意ができますかはいいいえ
4請求書の支払いができますかはいいいえ
5銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできますかはいいいえ
6年金などの書類が書けますかはいいいえ
7新聞を読んでいますかはいいいえ
8本や雑誌を読んでいますかはいいいえ
9健康についての記事や番組に関心がありますかはいいいえ
10友達の家を訪ねることがありますかはいいいえ
11家族や友達の相談に乗ることがありますかはいいいえ
12病人を見舞うことができますかはいいいえ
13若い人に自分から話しかけることがありますかはいいいえ
合計:  点

これら13項目は、以下の3領域に分類することができます。

  • 手段的自立(5項目)
  • 知的能動性(4項目)
  • 社会的役割(4項目)

それぞれの領域について、順番に解説していきます。

手段的自立(5項目)

「手段的自立」に該当する項目は、以下のとおりです。

  • バスや電車を使って1人で外出できますか
  • 日用品の買い物ができますか
  • 自分で食事の用意ができますか
  • 請求書の支払いができますか
  • 銀行預金・郵便貯金の出し入れが自分でできますか

項目によっては、

N君

バスや電車は通ってないなぁ

カピまる

食事の準備は奥さんがするから、
自分は全くしていないなぁ。

といったように、あまり馴染みのない活動が含まれている場合があります。

その場合は、「もし自分がやるとしたらできますか?」と聞き直すようにします。

『普段やっていない=できていない』ではないことに注意しましょう。

知的能動性(4項目)

「知的能動性」に該当する項目は、以下のとおりです。

  • 年金などの書類が書けますか
  • 新聞を読んでいますか
  • 本や雑誌を読んでいますか
  • 健康についての記事や番組に関心がありますか

「知的能動性」とは、現実の中で問いを見つけ、さまざまな方法で答えを見出していく学びの構えのことです。

この領域では、より高次の日常生活活動について評価を行います。

社会的役割(4項目)

「社会的役割」に該当する項目は、以下のとおりです。

  • 友達の家を訪ねることがありますか
  • 家族や友達の相談に乗ることがありますか
  • 病人を見舞うことができますか
  • 若い人に自分から話しかけることがありますか

地域の中で暮らす高齢者を対象とした評価であるため、人間関係にまつわる項目も含まれます。

評価の実施方法

老研式活動能力指標は、主に面接形式で「本人」もしくは「本人の生活状況を知る家族等」に対して行います。

評価は、1~13の質問項目に従って、質問内容に対する活動状況を

  • はい(出来ている)
  • いいえ(出来ていない)

の2択で聞き取りを行います。

高齢者を対象に作成されているため、質問は簡単で理解しやすく、容易に回答できます。

検査実施時の注意点

検査を行う際の注意点は、以下のとおりです。

  • 知的機能の著しく低下した高齢者等は、評価の対象外
  • 説明の追加、答えの誘導をしてはいけない

面接形式で行うため、ある程度の知的機能が保たれている必要があります。

認知症等を理由に知的機能が低下している場合は、検査の適応外となる場合もあります。

正確な評価を行うためにも、上記2点については注意しましょう。

結果の解釈について

老研式活動能力指標では、各項目「はい」もしくは「いいえ」で回答します。

総得点は13点、最低点は0点であり、点数が高いほど自立していることを示します。

また老研式活動能力指標の性別・年齢別得点は、以下のとおりです。

年齢男性女性合計
65~69歳11.8±1.911.8±2.011.8±2.0
70~74歳11.1±2.811.0±2.411.0±2.6
75~79歳10.4±3.210.5±2.910.5±3.0
80歳~ 8.7±4.2 7.6±4.2 8.0±4.2
合計11.0±3.010.6±3.110.8±3.0

老研式活動能力指標では、明確なカットオフ値は設けられていません。

1つの目安として、10点を超えてくると生活機能が自立してきます。

さいごに

今回は、ADL機能に対する評価スケール「老研式活動能力指標」について解説しました。

リハビリテーション職員として関わる上で、日常生活活動(ADL)について評価を行うことは、極めて重要です。

使用する機会は少ない評価ですが、知っていて損はありませんので、今一度概要について整理しておきましょう。

以下の記事では、ADL機能に対するその他の評価スケールについて、くわしく解説しています。

今回は以上になります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次