国内最高峰のWordPressテーマ【SWELL】→詳細はコチラ

【解説】ADL機能に対する評価スケールKatz Indexについて

N君

ADL機能に対する評価について勉強したいなぁ。

カピまる

今回は「Katz Index」について
解説していくよ!

リハビリテーション分野では、障害をかかえながら環境に適応することが大きな目標の1つとなります。

そのためには、生活課題と呼ばれる、

  • 身辺活動
  • 移動
  • コミュニケーション
  • 家事
  • 地域生活

といった日常生活活動(ADL)を評価することは、重要な意味を持ちます。

今回は、こうしたADL機能に対する評価スケール「Katz Index」について解説していきます

ADL機能に対する評価と言えば、「FIM」「Barthel Index」が有名ですが、その他の評価スケールについても知っておいて損はありません!

  • ADL機能に対する評価方法を知りたい!
  • 『Katz Index』の概要について勉強したい!
  • 臨床場面での実施を検討している!

本記事を一通り読めば、評価の概要について誰でも理解できるはずです。

上記に該当する方は、ぜひ参考にしていただき、今後の学習に役立ててください!

この記事を書いた人

<プロフィール>

  • ✔ カピまるブログ運営者
  • ✔ 2年目作業療法士
  • ✔ 仕事と暮らしの情報発信中
  • ✔ 愛用テーマ: SWELL
カピまるです!
目次

Katz Index の基礎知識

Katz Index(カッツインデックス)は、アメリカで開発されたADL評価法です。

もともと老化や慢性疾患の治療、投薬治療の効果比較などに用いられていました。

主な検査項目

Katz Indexの検査項目は、以下のとおりです。

  • 入浴
  • 更衣
  • トイレ
  • 移動
  • 排尿、排便コントロール
  • 食事
項目介助量具体的な評価の視点
入浴自立背中や障害のある手足のうち、
1か所だけ洗うための手助けがいる、
または完全に1人で入浴可能な場合。
介助1か所以外にも洗えない所がある
:浴槽の出入りが1人でできない。
更衣自立タンスや引出しから衣類を取り出して着る。
装具を身に着ける。
(靴ひもを結ぶことは除く)
介助全部または一部更衣動作が出来ない。
トイレ自立便器に近づき離れる、
衣類を操作する、
後始末する。
(夜間だけはベッドの傍で便器使用可。
 自助具の使用可)
介助いつでもベッドで便器使用または
トイレの使用に介助が必要。
移動自立自力でベッドに入り、ベッドから離れる
椅子に腰かけ、椅子から離れる。
(自助具の使用はかまわない)
介助ベッドや椅子への移動が1つまたは
それ以上出来ない。
排泄コントロール自立排尿・排便操作が完全に自分で出来る
介助完全または不完全な失禁状態:
浣腸、カテーテル、便器、
尿器使用の際、介助や管理・監視が必要
食事自立食物を皿から取り、口に入れる:
(あらかじめ食物を切る、
 ほぐすといった準備は含まない)
介助上記の行為に介助が必要:
一部または全部の摂取行為ができない。
N君

FIMと比べて評価項目が少ないね!

参考までに、その他のADL評価スケールであるFIMの評価項目は、①運動13項目、②認知5項目の計18項目あります。

Katz Indexは、より少ない項目で日常生活活動レベルについて評価を行います。

評価の視点について

Katz Indexでは、各項目で「自立」もしくは「介助」の2段階で評価を行います。

参考までに、FIMでは「完全自立」~「全介助」まで、介助の程度に応じて7段階で評価します。

N君

「自立」「介助」の2択なら、
判断に迷わなくて済みそうだね!

  • 「自立」⇒ 監視・指導・介助を必要としない状態のこと
  • 患者が否定する時は、できそうに見えても「介助」と判定する

採点方法について

Katz Indexは、「自立」の判定数に応じて、A~Gの7段階で評価します。

段階内容
A食事、排尿・排便自制、移乗、トイレ、更衣および入浴において自立
B上記の1つを除いて全て自立
C入浴および1つを除いて全て自立
D入浴、更衣および1つを除いて全て自立
E入浴、更衣、トイレおよび1つを除いて全て自立
F入浴、更衣、トイレ、移乗および1つを除いて全て自立
G6つの機能全て介助を要する
その他2つ以上の機能で介助を要する。
(ただしC、D、EまたはFに分類できないもの)

検査の特徴

Katz Indexの特徴は、以下のとおりです。

  • 日常生活活動のうち、「しているADL」を評価する
  • 「自立」「介助」の2段階で判定する
  • 活動の難易度順が決められている

※「しているADL」=日常生活で実際に行っている動作能力

※「できるADL」 =リハビリや動作テスト等で行っている動作能力

「できるADL」=【その人の最大能力を発揮している状態】であり、日常的には行えていない活動が含まれます。

「しているADL」に対する評価スケール

Kats Indexは、「しているADL」に対する評価スケールです。

つまり、日常生活で実際に行っている行動能力について評価を行います。

N君

「頑張ればできる活動」ではなく、
「普段から行っている活動」だね!

「自立」「介助」の2段階で判定する

Katz Indexでは、「自立」「介助」の2段階で判定を行います。

「自立」とは、監視・指導・介助を必要としない状態のことです。

一方で、監視や指導が必要な場合は、「介助」と判定されます。

動作の遂行を拒否する場合は、遂行されない=「介助」と判定されるので注意しましょう。

カピまる

「できそうに見える」としても、
「介助」と判定するってことだよ!

活動の難易度順が決められている

Katz Indexでは、ADLの難易度があらかじめ決まっています。。

具体的には、

  1. 排泄動作
  2. 食事動作
  3. 入浴
  4. 更衣動作
  5. トイレ
  6. 移乗動作

このように1~6の順番で、難しいものとされています。

マイナスな点は2つ

Katz Indexにおけるマイナスな点は、以下の2点です。

  • 典型的なADL障害パターン以外の解釈が難しい
  • 評価の仕方が粗く、正確でない部分もある

活動の難易度順が決められており、評価項目も少ないことから、典型的な障害パターン以外の場合における解釈がやや難しいとされています。

また、「自立」「介助」の2択のため、評価がやや粗く正確ではない部分もあるため注意が必要です。

詳細に評価したい場合には「FIM」「Barthel Index」を使うといったように、使い分けることが重要です。

さいごに

今回は、ADL機能に対する評価スケール「Katz Index」について解説しました。

リハビリテーション職員として関わる上で、日常生活活動(ADL)について評価を行うことは、極めて重要です。

使用する機会は少ない評価ではありますが、ADLについて正しく評価が行えるよう、今一度概要について整理しておくことをおススメします。

以下の記事では、ADL機能に対するその他の評価スケールについて、くわしく解説しています。

今回は以上になります。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次