Katz Index(カッツインデックス)の概要、評価について

こんにちは、カピまるです。

今回は、『Katz Index(カッツインデックス)』について解説していきます。

カピまる
カピまる

カッツインデックスって

ADL評価の1つなんだよね?

N君
N君

概要や評価方法について

くわしく教えてください!

本記事では、こうしたご意見にお答えしていきます。

  • ADL評価方法について勉強したい
  • Katz Index(カッツインデックス)の概要を知りたい
  • 臨床での使用を検討している

上記に該当する方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の学習に役立ててください。

↓↓代表的なADL評価方法の概要は、以下の記事をご覧ください↓↓

カピまる
カピまる

ADL評価といったら、

FIMBarthel Indexだね!

N君
N君

他にもいくつか評価法が

あったような気がする…

↓↓その他の評価方法については、以下の記事をご覧ください↓↓

スポンサーリンク

Katz Index(カッツインデックス)の概要

Katz Indexとは、アメリカで開発されたADL評価法です。

もともと老化や慢性疾患の治療、投薬治療の効果比較などに用いられていました。

Katz Indexの検査項目は、以下のとおりです。

  • 入浴
  • 更衣
  • トイレ
  • 移動
  • 排尿・排便コントロール
  • 食事

カピまる
カピまる

FIMやBarthel Indexと比べて

評価する項目が少ないね!

◎そもそもADLって何…?

カピまる
カピまる

そもそもADLって

何のことだっけ…?

N君
N君

もう一回ちゃんと復習する

必要がある気がする…

ADLとは、『Activity of Daily Living:日常生活活動』の略称です。

医療や介護の現場では、その人の日常生活における自立度を図る指標として用いられます。

ADLには、

  • BADL(基本的日常生活活動)
  • IADL(応用的日常生活活動)

の2つに分類され、さまざまな活動が含まれます。

↓↓ADLの詳細については、以下の記事をご覧ください↓↓

Katz Indexの検査項目

Katz Indexの検査項目は、以下のとおりです。

項目介助量具体的な評価の視点
入浴自立背中や障害のある手足のうち、
1か所だけ洗うための手助けがいる、
または完全に1人で入浴可能な場合。
介助1か所以外にも洗えない所がある
:浴槽の出入りが1人でできない。
更衣自立タンスや引出しから衣類を取り出して着る。
装具を身に着ける。
(靴ひもを結ぶことは除く)
介助全部または一部更衣動作が出来ない。
トイレ自立便器に近づき離れる、
衣類を操作する、
後始末する。
(夜間だけはベッドの傍で便器使用可。
 自助具の使用可)
介助いつでもベッドで便器使用または
トイレの使用に介助が必要。
移動自立自力でベッドに入り、ベッドから離れる
椅子に腰かけ、椅子から離れる。
(自助具の使用はかまわない)
介助ベッドや椅子への移動が1つまたは
それ以上出来ない。
排泄コントロール自立排尿・排便操作が完全に自分で出来る
介助完全または不完全な失禁状態:
浣腸、カテーテル、便器、
尿器使用の際、介助や管理・監視が必要
食事自立食物を皿から取り、口に入れる:
(あらかじめ食物を切る、
 ほぐすといった準備は含まない)
介助上記の行為に介助が必要:
一部または全部の摂取行為ができない。

各項目について、自立もしくは介助の2段階で評価を行います。

N君
N君

『自立』『介助』の2択か!

判断に迷わなくて済むね!

採点方法と判定基準

Katz Indexは、『自立』の判定数に応じて、A~Gの7段階で評価します。

段階内容
A食事、排尿・排便自制、移乗、トイレ、更衣および入浴において自立
B上記の1つを除いて全て自立
C入浴および1つを除いて全て自立
D入浴、更衣および1つを除いて全て自立
E入浴、更衣、トイレおよび1つを除いて全て自立
F入浴、更衣、トイレ、移乗および1つを除いて全て自立
G6つの機能全て介助を要する
その他2つ以上の機能で介助を要する。
(ただしC、D、EまたはFに分類できないもの)

注意点
  • 『自立』=『監視・指導・介助を必要としない状態のこと』。
  • 患者が否定する場合は、できそうに見えても『介助』と判定する。

Katz Indexの特徴

Katz Indexの特徴は、以下のとおりです。

  • 『しているADL』の評価尺度である。
  • 『自立』『介助』の2段階で判定する。
  • ADLの難易度順があらかじめ決められている。

◎『しているADL』の評価尺度である

Kats Indexは、『しているADL』の評価尺度です。

つまり、日常生活で実際に行っている行動能力について評価を行います。

N君
N君

『頑張ればできる活動』ではなく、

『普段から行っている』活動だね!

◎『自立』『介助』の2段階で評価する

Katz Indexでは、『自立』『介助』の2段階で評価します。

『自立」とは、監視・指導・介助を必要としない状態のことです。

監視や指導が必要な場合は、『介助』と判定されます。

動作の遂行を拒否する場合は、遂行されない=『介助』と判定されるので注意しましょう。

◎ADLの難易度順が決められている

Katz Indexでは、ADLの難易度が順序付けられています。

具体的には、

  1. 排泄動作
  2. 食事動作
  3. 入浴
  4. 更衣動作
  5. トイレ
  6. 移乗動作

の順番に、難しいものとされています。

注意点
  • 典型的なADL障害パターン以外の解釈が難しい
  • 『自立』『介助』の2択なので、評価がやや粗い

さいごに

本記事では、『Katz Index(カッツインデックス)』について解説しました。

FIMやBarthel Indexといった評価と比べると、使用頻度はあまり多くありません。

万が一の時のために、今一度しっかりと復習をしておきましょう。

本記事を、今後の学習に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました