【ADL評価】Lawtonの尺度の概要と解釈について解説します

こんにちは、カピまるです。

N君
N君

授業でLawtonの尺度なるものの存在を知りました

復習に役立てたいので、概要について教えてください!

今回は、『Lawtonの尺度の概要と結果の解釈」をテーマに解説します。

本記事では、主に

  • Lawtonの尺度の概要
  • 主な評価対象(年齢・性別)
  • 主な検査項目
  • 実施方法と留意点
  • 結果の解釈

の5項目について、詳しくまとめていきます。

ぜひ最後までご覧いただき、今後の学習に役立ててください。

↓↓その他ADL機能の評価尺度について、あわせてご覧ください↓↓

スポンサーリンク

Lawtonの尺度の概要

Lawtonの尺度は、1960年代にLawdon氏とBrody氏によって開発されたADL評価尺度です。

この評価尺度では、主に「手段的日常生活活動(IADL)」について評価を行います。

N君
N君

あれ、IADLってそもそも何だっけ…?

一度復習した方がいいかもなぁ…。。

↓↓ADLの概要については、以下の記事にまとめてました↓↓

IADLは、「Instrumental Activities of Daily Living:手段的日常生活活動」の略称です。

例えば、

  • 買い物
  • 掃除
  • 洗濯
  • 金銭の管理
  • 服薬の管理
  • 食事の支度
  • 移動・外出

といった、高い社会性や認知機能を必要とする、応用的な活動が含まれます。

Lawtonの尺度では、主にこうした活動を評価対象としています。

評価対象(年齢・性別)

カピまる
カピまる

IALD項目を対象とすることは理解できたよ!

年齢や性別についても決まりがあるのかな…?

Lawtonの尺度は、主に高齢者専用の評価方法として使用されています。

また、男性と女性で回答する項目が異なっています

※FIMやBarthel Indexといった、幅広い年齢層を対象とした評価とは異なるため注意!!

主な検査項目

Lawtonの尺度の検査項目は、以下のとおりです。

  • 電話を使用する能力
  • 買い物
  • 食事の準備
  • 家事
  • 洗濯
  • 移送の形式(移動手段)
  • 自分の服薬管理
  • 財産取り扱い能力

Lawtonの尺度では、これら8つのIADL項目について評価を行います。

N君
N君

どれも日常生活において、必要な活動ばかりだね!

実施方法と留意点

次に、Lawtonの尺度の実施方法と留意点についてまとめます。

◎実施方法について

Lawtonの尺度は、主に面接形式』で行います。

各項目について、3~5段階の活動が「できる」もしくは「できない」の2択で回答します。

「できる」場合は1点、「できない」場合は0点となります。

◎留意点について

最も注意が必要なのは、男性と女性で評価項目が異なるということです。

男性、女性それぞれの評価項目は、以下のとおりです。

【男性の場合】

  • 電話を使用する能力
  • 買い物
  • 移送の形式(移動手段)
  • 自分の服薬管理
  • 財産取り扱い能力

男性の場合、5つの項目について評価します。

総得点は5点満点で、最低点は0点です。

カピまる
カピまる

あれ、家事についての項目が外されてる?

このLawtonの尺度は、1960年代に開発された評価尺度です。

そのため「男性は仕事、女性は家事」といった悪しき風習(?)の影響からか、男性は家事に関する項目が除外されています。

最近では男性が家事を行うことは一般的ですし、こうした性差が含まれている評価尺度は、必ずしも妥当性のあるものではないかもしれません。

【女性の場合】

女性の場合は、すべての項目について評価を行います。

そのため総得点は8点、最低点は0点です。

結果の解釈について

Lawtonの尺度では、具体的なカットオフ値は設定されていません。

一般的に、点数が高いほど自立していることを示しています。

この評価尺度を用いる際は、点数の大小だけが重要なわけではありません。

具体的には、

  • どのIADL項目を、どの程度行うことができるのか
  • どういった活動レベルになると行えなくなるのか

といったように、各項目について、より詳細に分析する必要があります。

面接を通して対象者本人とお話しする中で、具体的なエピソードを聞き取ることが大切です。

さいごに

本記事では、『Lawtonの尺度の概要と結果の解釈』をテーマに、

  • Lawtonの尺度の概要
  • 主な評価対象(年齢・性別)
  • 主な検査項目
  • 実施方法と留意点
  • 結果の解釈

について解説しました。いかがでしたでしょうか。

本記事を、今後の学習に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました