注意障害に対する評価【MARSの概要と結果の解釈について】

こんにちは、カピまるです。

今回は、注意障害に対する評価スケール『MARS』について解説します。

カピまる
カピまる

注意障害に対する評価で、

MARSについて知りたいです!

N君
N君

評価の概要や結果の解釈について

くわしく教えてください!

  • 注意障害に対する評価スケールについて勉強したい
  • 『MARS』の概要について知りたい
  • 臨床での使用を検討している

上記に該当する方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の学習に役立てて下さい。

↓↓注意障害に関するその他の記事も、併せてご覧ください↓↓

↓↓その他の評価方法について、以下の記事をご覧ください↓↓

スポンサーリンク

MARSの概要

MARS(Moss Attention Rating Scale)は、外傷性脳損傷患者を対象とした評価法です。

MARSは、主に行動観察によって評価を行います。

病期を問わず、急性期~慢性期まで幅広く使用することができます。

検査の構成

検査は全22項目から構成され、1~5段階で評価されます。

  • 1=「明らかに当てはまらない」
  • 2=「大部分で当てはまらない」
  • 3=「時には当てはまるが、時には当てはまらない」
  • 4=「大部分で当てはまる」
  • 5=「明らかに当てはまる」

3つの因子項目

検査項目には、

  • 落ち着きのなさ/注意散漫(Restless/Distraction)
  • 開始(Inhibition)
  • 持続性/一貫性(Sustained/Consistent)

という3つの因子項目が存在し、それぞれ因子得点(因子合計÷項目数)を算出します。

各因子と項目の関係は、以下のとおりです。

因子項目因子合計因子得点
落ち着きのなさ/注意散漫1, 10, 12, 17, 22/25/5
開始7, 13, 19/15/5
持続性/一貫性6, 14, 15/15/5

実施上の注意点

MARS実施上の注意点は、以下のとおりです。

  • 少なくとも2日以上の観察から評価を行う
  • すべての項目に回答する必要がある
  • 答えに確信がない場合は、当てはまると思うものを回答する
  • 項目の中には、逆転項目が含まれている

先ほども述べましたが、MARSは注意障害に対する行動観察評価スケールです。

対象者の行動観察について、少なくとも2日以上の観察から評価を行う必要があります。

逆転項目には注意が必要

カピまる
カピまる

逆転項目って何だろう…?

MARSに含まれる逆転項目は、以下の表のうち(R)が付いた14項目です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7.png

逆転項目については、「6ー評定点」をMARSスコアとして算出します。

結果の解釈について

MARSでは、「全項目の合計得点」=「総合得点」となります。

総合得点は、22点~110点の範囲で値を取ります。

そして、点数が高いほど注意機能が良好であることを示します。

この総合得点は、「logit score」に変換されます(以下「logit score換算表」参照)。

さいごに

本記事では、注意障害に対する評価スケール『MARS』について解説しました。

臨床でも使う機会がある評価ですので、今一度概要について復習しておきましょう。

本記事を、今後の学習に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました