【課題プリントあり】注意障害に対する作業療法を徹底解説

こんにちは、カピまるです。

今回は、前回までの内容に引き続き、『注意障害に対する作業療法』をテーマに解説します。

カピまる
カピまる

注意障害に対する評価について、

もっとくわしく勉強したいな!!

N君
N君

課題プリント等あったら、

参考までに教えて欲しいです。

本記事では、こうしたご意見にお答えしていきます。

  • 注意障害に対する評価法について勉強したい
  • 注意障害に対する課題プリントを探している
  • リハビリの一環で使用を考えている

上記に該当する方は、ぜひ参考にしていただき、今後の学習に役立ててください。

↓↓注意障害に関するその他の記事も、あわせてご覧ください↓↓

スポンサーリンク

【復習】注意障害に対する評価一覧

注意障害に対して用いられる評価尺度は、以下のとおりです。

注意機能評価尺度
持続性注意・CPT( Continuous Performance Test )
・PASAT( Paced Auditory Serial Addition Test )
・Trail Making Test ( Part A, B )
・末梢課題(文字、記号等)
選択性注意・仮名拾いテスト
・AMM( Audio-Motor Method )
・Stroop Test
・上中下テスト
・PASAT
・Trail Making Test
・末梢試験
転換性注意・Trail Making Test( Part A, B )
・SDMT( Symbol Digit Modalities Test )
・Memory Updating Test
配分性注意2つの注意課題を同時に実施することで評価する
( ex. PASATとTrail Making Test Bを実施する )

そして、

  • 持続性注意
  • 選択性注意
  • 転換性注意
  • 配分性注意

という4つの注意機能に対する総合的な評価指標として、『標準注意検査法( Clinical Assessment for Attention:CAT )』が使用されます。

標準注意検査法(CAT)の評価項目

標準注意検査法(CAT)の評価項目は、以下のとおりです。

  • Span(視覚性、聴覚性)
  • 末梢課題(視覚性、聴覚性)
  • SDMT( Symbol Digit Modalities )
  • Memory Updating Test
  • PASAT( Paced Auditory Serial Addition Test )
  • Position Stroop Test
  • CPT( Continuous Performance Test )

↓↓CATの概要については、以下の記事をご覧ください↓↓

本記事では、こうした評価について、さらに詳しくまとめます。

【まとめ】評価の概要について

本記事では、以下の評価項目について、詳しくまとめていきます。

  • Span(視覚性・聴覚性)
  • PASAT( Paced Auditory Serial Addition Test )
  • Trail Making Test ( Part A, B )
  • 末梢課題(文字、記号等)
  • 仮名拾いテスト
  • 上中下テスト

あわせて課題プリントをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Span(視覚性・聴覚性)

Span(視覚性、聴覚性)では、

  • 作動記憶
  • 短期記憶
  • ワーキングメモリー

といった機能について評価を行います。

Spanは、

  • Digit Span(数唱)
  • Tapping Span(視覚性スパン)

という2つの課題から構成され、

  • 順唱(forword)
  • 逆唱(backword)

の2つの方法で評価を行います。

実施方法について、以下にまとめていきます。

  • まず第1系列の数字を1つ1秒の早さで読み上げる。
  • その直後に順唱(そのままの順番)での反応を確認する。
  • 正答の場合は次の系列に進み、間違えた場合は第二系列を行う。
  • 同じ桁の2系列で不正解の場合、検査を中止する。
  • 聞き返しがあった場合、再度説明は行わない。
  • 注意して聞くように促してから、第2系列に移る。

繰り返し説明を行わない点については、正確に検査を行う上でとても重要です。

読み上げる数字(順唱・逆唱)は、以下のとおりです。

順唱(forword)

〇or×第1系列〇or×第2系列
2-55-4
1-8-34-9-7
4-2-6-11-6-3-8
9-5-1-8-27-3-9-4-2
7-3-9-1-4-66-1-2-5-7-9
9-5-2-7-1-3-41-3-7-2-8-4-6
3-6-7-9-1-8-4-59-6-7-2-5-1-3-8
7-4-5-9-3-8-1-6-25-3-4-9-7-1-6-8-2

逆唱(backword)

〇or第1系列〇or第2系列
9-26-1
3-7-41-5-8
2-8-6-14-9-2-7
4-1-9-2-53-7-5-2-6
2-1-5-8-9-38-4-2-9-6-3
8-6-3-1-2-7-96-9-1-7-5-8-4
3-8-2-7-6-9-4-17-5-2-8-4-3-1-9
6-3-5-7-1-2-4-9-82-9-7-3-1-6-4-8-5

PASAT( Paced Auditory Serial Addition Test )

PASATでは、配分性注意機能について評価を行います。

この検査では、

N君
N君

1-4-5-6-9-5-7-2-1-8-4…

のように、次々と読み上げられる数字と、1つ前の数字を足していく課題です。

数字を読み上げる間隔によって、

  • 2秒条件
  • 1秒条件

が設定されています。

60個のうち、いくつ正解したかによって評価します。

Trail Making Test ( Part A, B )

TMTでは、

  • 視空間認知機能
  • 目と手の協調性
  • 視野や視力
  • 情報処理能力
  • 各種注意機能(持続性・選択性・転換性・配分性)
  • ワーキングメモリー

といった、さまざまな機能について評価することができます。

↓↓詳しい内容は、以下の記事をご覧ください↓↓

末梢課題(文字、記号等)

抹消課題は、

  • Visual Cancelling Test (視覚性抹消課題)
  • Auditory Detection Test (聴覚性検出課題)

という2つの課題から構成され、選択性注意機能について評価を行います。

この検査では、

  • 数字
  • 図形
  • 仮名

の3つのモダリティを用いて検査します。

指定された数字・図形・仮名を見つけ、〇で囲ったり線を引くことによって、早く・正確に抹消していきます。

数字の場合

図形の場合

仮名の場合

仮名拾いテスト

仮名拾いテストは、選択性注意機能について評価を行います。

この検査は、ひらがなで書かれた文章から「あ・い・う・え・お」に〇をつける課題です。

2分間で正しく〇をつけられた数で評価します。

同様の検査で、聴覚的刺激を用いるものを『Audio-Motor-Method(AMM)』といいます。

AMMでは、「ト・ド・ポ・コ・ゴ」が毎秒1音の早さで呈示され、「ト」に合図をします。

Position Stroop Test 上中下テスト)

Position Stroop Testでは、転換性注意機能について評価を行います。

検査では、「上」「中」「下」という漢字が書かれている位置について回答します。

文字の音読ではなく、その位置を答える点がポイントです。

さいごに

本記事では、『注意障害に対する作業療法』をテーマに解説しました。

課題プリントもあわせてご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事を、今後の学習に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました